対策

アフィリエイトは悪魔的。

更新日:

medium_100352992

ここ1年、
アフィリエイトをして思った事。

アフィリエイトは悪魔的。

アフィリエイトは稼げないとか稼げるとかの話は無意味。
稼げる、それはよくわかりました。

知らない人が想像する「アフィリエイト」はウシジマくんの新刊とか「与沢翼」さんのイメージが強いのではないでしょうか?正直、与沢翼さんが何をしていたのかをよく知らないので彼について深く言える事はあまりないのですが、「Webで仕事をしている友達にアフィリエイトって知ってる?」と聞いたら「ああ、なんか与沢とかいう人がやってる・・・」という答えが返ってきたのでその秒速で1億稼いだインパクトはやはり世間的に強烈。

ウシジマくんの話は正直、一般のアフィリエイトとはだいぶかけ離れていると思う。あれは極端なダークサイドだしアフィリエイトを利用した完全に詐欺な話ですよね。

アフィリエイトは成功報酬型広告。ある種、「広告代理販売業」。

やり方は白から黒まであるけど、僕がアフィリエイトが悪魔的だと思うのはそのビジネススタイルの異常さ。

photo credit: boskizzi via photopin cc

アフィリエイトの悪魔的要素

クレームが無い。

何よりも強く感じるのはクレームやサポートがいらない事。これ仕事としてはありえない。どんな仕事でも何が大変かって「対人」。売り手と買い手がいる限り避けられない摩擦。それは良い面もあるけどやはりとてもしんどい事。

それが無い。

明日消えても問題ない。

どんなに使えない人だとしても突然ブッチすれば迷惑がかかる。

それが無い。

明日、全てを捨ててしまっても誰にも迷惑がかからない。何一つ迷惑がかからない。

そんなビジネスない。

引き継ぎも要らない。
片付けも無い。ありえない。

なのに稼げる

誰でも稼げるわけでは勿論ないし、ほとんどの人は稼げないかもしれない。
だけど、稼ぐ力や方法を身に着けると人並み以上に稼げる。

当たり前。

日本中のユーザーが24時間無休で商品を見に来る。「○」が欲しいユーザーが「B」のサイトで買うと「B」に数百円から数千円入る。ただそれだけ。疑いようの無いシンプルな仕組み。文房具屋が文房具を仕入れ、文房具を買いに来た人に売ると利益が残る。それと同じ。

ただ、在庫や仕入れがいらないだけ。

そして、お客に会う必要も店先に立つ必要も客が増えたからといってバイトを雇う必要もないだけ。

どこかの企業の社長のように稼ぐのは難しいかもしれないけど普通のサラリーマンの給料など数日で売上げてしまう。そんなアフィリエイターがゴロゴロいる。それは「いるいる詐欺」じゃあない。もちろん、一瞬稼いでそれを毎月稼いでいるかのように宣伝している人は多くいるかもしれないけど。

アフィリエイトで「お金」を稼ぐという事は働いて得る「お金」の感覚と異なっていると思う。ある種、ギャンブルで得る報酬に近い。数千円単位でポンポンと入ってくる感覚は汗を流し手にするお金とはほど遠いモノ。勿論、寝てるだけで入ってくるわけではない。多くの投資や勉強に生産をそれこそ人並み以上に労力を使い結果を出している人がほとんど。

それでも一度、ツボにハマると普通の労働とはかけ離れた収益が出る。
「普通に仕事をする。」という事が凄く生産性の低い見方をしてしまうかもしれない。いや、事実そうなると思う。

若いうちにこれを知って成功してしまうと普通に働けない気がする。

アフィリエイトほど個人で商売の勉強になり、理に適ったシステムはなかなか無いと思ってる。ただ、今回言いたかったのは「アフィエイトは凄い!」でも「みんなやろうよ」でも「手を出すな」でもない。

アフィリエイトは悪魔的。

あえて、「悪魔的な魅力」とも「悪魔的な怖さ」とも言わない。人それぞれだし。ただ、手を出すなら、そう思っておいた方が良いと思う。

ちなみにこのテーマはSTINGER FANS
てへぺろ。

300

300

-対策

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.