ニキビの正しい洗顔方法

ニキビケアでは洗顔が基本と言われますが、肌を美しくしたりトラブルを改善するためには洗顔の方法が重要な鍵を握っています。
つまり、ニキビ跡のケアでも洗顔はとても大事なのです。
ニキビ跡を治すには、とにかく肌のターンオーバーを促進して、新しく健康な肌細胞と入れ替えるのがもっとも効果の高い方法です。
そのターンオーバーを正常化するために必要なのが、古い角質や毛穴の汚れをしっかり落としながら、皮脂膜の材料となる皮脂を残した洗顔なので実践してみてください。

正しい洗顔方法

蒸しタオルでしっかりと毛穴を緩めましょう

まずは、いきなり顔を洗うのではなく蒸しタオルでしっかりと毛穴を緩めましょう。
蒸しタオルを使うと、毛穴が開くのはもちろん汚れも緩んで落としやすくなりますし、血液の循環も促進されるので新陳代謝も活発になります。
蒸しタオルは、まずタオルを水でたっぷり濡らして絞り、レンジで30秒から1分ぐらい温めて作ってください。
触ってみて程よい熱さになったら、顔の上に3分ぐらい置いておくと、じんわりと温まってきます。
ほんのり汗ばめば完全に毛穴が開いていた状態になりますし、血行も促進されている証拠なので、いよいよ洗顔に移りましょう。

クレイ(泥)が主原料になっている石鹸

蒸しタオルを使えば、ある程度汚れは落ちているので、洗顔料を使った洗顔は短時間で大丈夫です。
逆に、しっかり汚れを落とそうとして長時間洗うと、皮脂が落ちて乾燥しやすい肌になってしまうので注意してください。
洗顔料にしばりはありませんが、効果が感じられたのはクレイ(泥)が主原料になっている石鹸です。
泡立ちもクリーミーでキメ細かく、弾力のある泡が出来上がるので、肌に触れることなく泡で優しく洗顔できます。
まずはTゾーンに泡を置いてマッサージするように洗ったら、ニキビ跡の部分も泡で軽く洗いましょう。
頬や目元、口元は泡を乗せるだけでも十分に汚れが落ちるので、目立ったトラブルがないなら洗う必要はありません。

ぬるま湯で30回以上すすぐ

最後のすすぎは、ぬるま湯で30回以上すすぎましょう。
そんなにやらなくても、と思うかもしれませんが、見た目には分からなくても毛穴には洗顔料が残っていることがあります。
これをしっかり落とすにはしっかりしたすすぎが必要ですし、すすぎ過ぎても皮脂は落ちませんから安心してください。
30回すすいだら、柔らかい清潔なタオルで水分を吸い取るようにして拭きましょう。
ごしごしこすったら摩擦による刺激でニキビ跡が治らないので、優しく拭き取ってすぐにニキビ跡用化粧水をつけるのがニキビ跡改善のための効果的な洗顔です。

300

300

投稿日:

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 AllRights Reserved.