人気のニキビケア!化粧品ランキング

みんなのニキビケア

顎に出来る「あごニキビ」の原因と治し方

大人ニキビは、思春期の頃に出来るニキビとはまた違って、繰り返し何度も何度もできては、私たちを悩ませます。
ニキビは出来やすい場所とそうでない場所があり、また、ニキビが出来る部位によっても原因やケアの仕方が異なります。
ここでは、大人になってから出来やすい、あごニキビについて詳しくご紹介したいと思います。

あごニキビとは?

あごニキビは繰り返しやすい

皮脂分泌量の多いTゾーンや鼻周辺は、ニキビは出来やすいのですが、あごにできてしまうことも多いです。
汗をあまりかかないあごですが、実は、皮脂腺の分泌が多い場所なので、皮脂が詰まりやすく、そして乾燥しやすい部位なのです。

その為、おでこや鼻周辺のニキビと同じくあごは、ニキビが出来やすい環境なのでケアをする必要があります。さらに、あごにニキビができてしまうと、手が届きやすい部位なので、無意識のうちに触ってしまい、雑菌がつきやすいです。また、ボブくらいの長さの髪だと、毛先があごに当たりやすいので、あごニキビに髪が当たることで刺激となり、痒くなったり、雑菌が侵入してしまう可能性も出てきます。そのような原因からあごニキビは一度できてしまったら治りにくく、また、治ったとしても、繰り返し出来やすいという厄介な特徴があります。
思春期にあごニキビが出来ることは少なく、大人ニキビの代表的なものがあごニキビです。

大人になると「あご」にニキビが出来る原因について

生理前は黄体ホルモンが活発に

では、どうして大人になると、あごにニキビができやすくなるのでしょう。
あごニキビの原因としてまず挙げられるのが、ホルモンバランスの影響です。女性の身体は、性周期に合わせて女性ホルモンのバランスも変化していて、それに合わせて肌の調子も大きく影響を受けています。

生理前には、黄体ホルモンの働きが活発になります。この黄体ホルモンには、皮脂分泌を活発にする作用があり生理前になると肌の調子が悪くなったり、ニキビが出来やすいのはこのためです。

男性の場合には、男性ホルモンによる影響でもともと皮脂分泌量が常に多いですし、さらにあごとなると毎朝のひげ剃りで、肌に大きなダメージが加わっているのも問題です。カミソリやシェーバーによって、ヒゲと一緒に肌が削られてしまいます。皮脂腺分泌も多いですから、皮脂汚れが詰まりやすく、雑菌も繁殖しやすくなります。
その為、あごニキビもできやすくなります。

仕事や人間関係のストレス

また、仕事や人間関係のストレスなどが蓄積されたり、睡眠時間が十分でないなどの生活習慣の乱れによっても、ホルモンバランスが乱れます。
身体が強いストレスを感じた場合、皮脂分泌を増加させる作用がある、副腎皮質ホルモンや男性ホルモンの分泌が促されます。

さらに、女性の場合、顔のスキンケアは念入りに行っていても、あごのケアまで行き届いている人が少ないようです。
洗顔の際のすすぎが不十分で、洗顔料があごに残ったままだったり、洗顔後のローションなどがあごにまで十分に行き届いていないことが多いようです。
あごニキビが出来やすい方は、あごやフェイスラインまで、しっかりとスキンケアを行うように意識してみましょう。

これらが、あごにニキビが繰り返し出来てしまう原因です。

保湿ケアは、健康肌の基本です

ニキビを治すと同時に大切なのは、ニキビの出来ない健康な美しい肌を手に入れることです。キメの整った美しい健康肌は、ニキビもできにくく、若々しい印象を与えるものです。しかし、常に外部からの刺激に晒されている肌は、正しいスキンケアをしていないと、すぐにキメの粗いダメージを受けやすい肌になってしまいます。

肌は、湿度や温度などの影響や紫外線、さらに、ストレスなどの内側からのダメージにも影響を受けます。
これらのダメージからある程度、お肌を守ることはできても100%防ぐことは出来ません

そこで大切になるのが保湿ケアです。
健康な美しい肌の基本はとにかく保湿です。洗顔後には、できるだけ素早く保湿ケアを行うようにしましょう。肌に十分な水分があれば、肌のキメも整い弾力のある肌になれます。ローションでたっぷりと水分補給をしたら、その水分が蒸発しないように、油分が含まれている乳液やクリームでフタをするようにしましょう。

保湿があごニキビに良いのはどうして?

あごニキビは、ホルモンバランスの乱れや過剰なストレスなどの内側の原因も大きいのですが、メイクの洗い残しなどのスキンケア不足も大きく影響しています。

あごだけは、洗顔もスキンケアも適当になっていないでしょうか。
健康肌の基本は保湿ケアですから、あごにまでローションや乳液などで十分に保湿ケアをしてあげましょう。
皮脂が詰まりやすく乾燥しやすいあごですから、あごニキビが出来てしまっている方は、特に意識してあごにも保湿ケアをしてあげましょう。
乾燥した状態が長く続くと角質層が固くなり、さらに毛穴が詰まりやすいくニキビも出来やすい状態になってしまいます。
保湿効果に優れた成分としては、セラミドやヒアルロン酸などです。
また、皮脂を抑制する作用や炎症を抑制する作用がある、ビタミンC誘導体が配合されたローションや乳液などを利用するのもおすすめです。

300

300

更新日:

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.