人気のニキビケア!化粧品ランキング

みんなのニキビケア

赤ニキビって一体何?主な赤ニキビの出来る原因と洗顔料を活用した治し方

ニキビと一口に言ってもニキビの質や度合いなどが違いますから、出来たニキビの症状に合わせた対処を行うことが大切です。

毛穴が炎症を起こしてしまい、全体的に赤く腫れてしまっているニキビのことを赤ニキビと言います。これは、初期のニキビが炎症を起こした状態なので、ケアの仕方にも注意が必要です。赤ニキビが出来る原因や、赤ニキビのケアで重要となる洗顔について詳しくご紹介しましょう。

赤ニキビって何

初期段階の白ニキビであれば、ある朝突然、頬のあたりにできてしまっていた、ということはあるかも知れませんが、赤ニキビの場合には、そのように突然ポツンと出来るものではありません。

赤ニキビは、初期の白ニキビや黒ニキビが治らずに、症状が進行してしまったニキビです。

つまり白ニキビや黒ニキビが悪化したのが赤ニキビです。白ニキビや黒ニキビの初期の段階で、しっかりと治すことができていれば良かったのですが、間違った洗顔の仕方や栄養バランスの偏りなどが問題で、治すことが出来ずにいると、ニキビはどんどん悪化していきます。毛穴に角栓がつまり、白いぶつぶつができたものが白ニキビですが、それが酸化し黒ずんだのが黒ニキビ、そしてそれが炎症を起こしたものが赤ニキビです。

赤ニキビが出来る原因は・・

初期ニキビが炎症を起こしたのが赤ニキビなのですが、この炎症を起こしてしまう原因はアクネ菌です。

もともとアクネ菌は肌の常在菌ですから、健康な肌でもアクネ菌はあります。しかし、毛穴に蓄積された皮脂が酸化していくと、アクネ菌が増殖をして炎症を起こしてしまうのです。

実は、このアクネ菌は、肌の健康を維持するためには必要なものなのです。ニキビの原因となる悪者のように思われているアクネ菌ですが、実は普段は毛穴の中の皮脂腺の奥にあり、健康な肌を保つようにサポートしてくれている菌なのです。

ニキビの原因にもなるアクネ菌ですが、増殖をしなければ、肌を弱酸性に保ったり、外部からの雑菌などが侵入したり繁殖しないようにと、肌を守ってくれるとても大切な役割を持っているものなのです。しかし、毛穴に詰まった皮脂が酸化してアクネ菌が増殖すれば、このアクネ菌は遊離脂肪酸を作り出します

普段は害のない活性酸素や細菌類などによって次第に炎症を起こしていき、毛穴周辺が赤く充血をした状態になります。この段階にまでニキビが進行すれば、しっかりと完治するまでには時間もかかります。しかし、正しい洗顔と洗顔料で治すことが出来ますので諦めないでください。

洗顔料選びが大切!

赤ニキビを治すためには、まず炎症を抑えることが重要にりますから、極力刺激を与えないように心がけましょう。

炎症を起こしているので、どうしても痛みや痒みがあるので気になってしまいます。しかし、ここで気になるからと、手で触ったり、もちろん手で潰すのも厳禁です。
ここでニキビを潰してしまえば、ニキビ跡ができてしまい、ここが黒ずみを起こしてしまい、つまでも残ってしまうことになります。ニキビ跡が悪化すれば、デコボコのクレーター状になります。こうなれば、治療が困難になり、時間もかなりかかります。

炎症を起こしてしまった赤ニキビでも、毎日の洗顔で治すことは出来ます。赤ニキビの改善では、洗顔料選びが大切です。増殖したアクネ菌を殺菌する必要があるので、普通の洗顔料ではなくて、ニキビケア用の殺菌力のある洗顔料を選ぶことが大切です。

赤ニキビ対策に選びたい洗顔料とは

赤ニキビ対策で選びたい洗顔料とは、赤ニキビの原因となっているアクネ菌を殺菌してくれる有効成分が配合されたものです。抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ジカリウムは、ニキビケアの洗顔料でお馴染みの成分です。

グリチルレチン酸ジカリウムは、医療機関で処方されるニキビ治療薬にも、ニキビに効果のある成分として配合されています。痛みや痒みのある赤ニキビにまで進行した場合には、グリチルレチン酸ジカリウム入りの薬用洗顔料を選ぶのがおすすめです。

このグリチルレチン酸ジカリウムは、ニキビ予防のためにも有効なので、赤ニキビが改善されたあとでも使い続けることが出来ます。他にも、毛穴の奥の汚れをスムーズに吸着して洗い流すことが出来る海泥が配合された洗顔料なども、ニキビ対策の洗顔料として人気です。また、赤ニキビ対策で洗顔料を選ぶ際には、洗浄力の強い合成界面活性剤や、肌へのダメージとなる香料や防腐剤などが無添加のものを選ぶと良いでしょう。

そして、気をつけたいのが洗顔のし過ぎです。
アクネ菌は肌の健康のために必要なものですから、洗顔のし過ぎは逆効果となります。また、洗顔のし過ぎで必要な皮脂までもを洗い流すことになります。グリチルレチン酸ジカリウムなどが配合されたニキビケア用の薬用洗顔料を使用して、1日2回朝と夜、肌に負担がかからないように洗顔をしましょう。

泡ネットでキメの細かい泡を作ってから、肌を包み込むように洗顔をしましょう。赤ニキビを治すためには、とにかく正しい洗顔で肌を清潔に保つことが大切です。洗顔後には清潔なタオルで水分を拭き取り、化粧水や乳液でしっかり保湿をすることも忘れないでくださいね。

300

300

投稿日:

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.