対策

エボラウイルス感染経路と予防方法~資料の要点まとめ

更新日:

2014-10-28_154235

現在騒がれている「エボラウイルス」に関して「エボラ出血熱に関する誤解と真実」という資料がカドゥナ州立大学医学部の教育開発セミナーからネット上でPDF資料として公開されています。多くの情報が散乱する状況の中で非常に有意義な資料ですが全66Pと非常に長い為、ひとまず個人レベルで関係ありそうな部分だけ抜き出しました。各番号は元資料と連動しているので併せてご確認下さい。

http://www.pitt.edu/~super1/lecture/lec52591/001.htm

序論

7-出血熱と言われるが必ずしも出血するわけではない

8-エボラ株には4種あり、致死率が50~90%と異なる

9-致死率が最も高いのがザイール株で今回の流行の原因株

10-いままでもアウトブレイクがあったが数か月で収束した

11-空気感染はしないが飛沫感染はある。今回は曝露後4~6日後に症状が発現する特徴がある

15-ウイルスに対するこの宿主の反応は全ての臓器に影響を与える。血管壁が破壊されて内出血及び外出血がおこり嘔吐と下痢の為重度の脱水症状がおこり、やがて血圧が低下して死に至る。

16-今回のアウトブレイクは抜け穴だらけの国境を越えて何か月も続いている。予測はことごとく外れ今後どのように収束するのかすら見えない状況である


17-今のところ効果が証明されている治療薬も予防薬も存在しない。

19

20-感染を防げるという誤った俗説

  • ガルシニア・コラの接種
  • 塩で洗浄と塩を摂取する
  • 灯油の風呂に入る
  • 塩素の風呂に入る

22

エボラウイルスの感染経路

26-人間への感染が発生した場合にはエボラはいくつもの経路で他の人間に拡散する。
エボラは以下のよいうな直接の接触によって拡散する(傷のある皮膚や粘膜を通して)

  • 病人の血液や体液(尿、唾液、排泄物、嘔吐物、母乳、精液)
  • 感染者の体液によって汚染された物(例えば針);家庭用品-台所用品、タオル、リネン類
  • 感染した動物
  • 遺体の処理と埋葬儀式

この他は調査中

27-エボラ患者と近接して接触をしている医療者とその家族や友人は感染の可能性が最も高い。その医療者が感染した血液や体液と接触するかもしれなから。

  • エボラのアウトブレイクは医療の場において急速に拡散しうる。

30

31-2014年のアウトブレイクはこれまでのエボラの歴史の最大であり西アフリカ地域では初めて

35-症例数2014年8/31時点

  • 症例数(疑い例と確定例)3,707件
  • 死亡(疑い例)1,848人
  • 検査による確定例:2,106件

38-エボラがもたらす重大な事態

  • 全世界的なパンデミック
  • 政治的権利と自由
  • 社会的影響
  • 保険システム
  • 経済
  • 将来への影響

エボラの管理

41-エボラウイルスの感染初期は他の多くの熱性疾患(マラリア、風邪、腸チフス)に似ているので鑑別診断で十分に考慮すべき
治療法

42

44-エボラウイルスに対する特効薬や治療法、ワクチンはない(治験段階のものはある)。したがって現時点では治療・投薬は支持療法のみであり以下のようなものがある

  • 輸液療法と電解質補正
  • 動脈血酸素飽和度と血圧の維持
  • 最近による二次感染防止のための抗生物質投与
  • 充分な栄養
  • DICに対する抗凝固療法
  • 輸血(エボラ感染から回復した患者の輸血)は効果ありと考えられておりWHOが患者の治療法と認めた。
  • 上記に加えDICで出血の続いている患者に対しては凝固因子、赤血球、血小板の補給の為に輸血が行われる。

46

47-予後

エボラウイルス感染は医療が全くあるいはほとんど施されない場合、最大90%の致死率であるが早期に適切に支持療法が実施されれば致死率は約50%以下に下がる。

48-希望の光明

WHOによると少なくとも10種類の治療薬と2種類のワクチンが開発中

感染の予防とコントロール

  • こまめに手を洗う-石鹸と手指消毒液を使う
  • 身体接触を避ける(握手・抱擁・キス)
  • 感染者、死体を触る、洗う、キスなどをしない。
  • 感染者の死体の体液(血液、吐物、排泄物、尿など)を避ける
  • 野生生物の肉を触れたり食べたりしない。コウモリを食べない。
  • 動物の肉は完全に火を通す事

55

2014-10-28_153751
2014-10-28_153801

58-結論

エボラは空気感染を起こさないため、インフルエンザなどのような他の流行性の病原体よりは感染しにくいと推測される。

65-締めくくり

我々みんなでエボラを防ごう

元資料:http://www.pitt.edu/~super1/lecture/lec52591/001.htm

募金・寄付

2014年西アフリカ エボラ出血熱救援金 - Yahoo!ネット募金

【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|2014年西アフリカ エボラ出血熱救援金を受け付けます

300

300

-対策

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.