対策

SEOに効果あり?メタ・ディスクリプションは書いた方が良いのか悪いのか

投稿日:

前から書こう書こうと思っていたmeta description(メタ・ディスクリプション)の件。

メタ・ディスクリプションとは、検索結果にページの要約を表示するタグです。

2014-10-31_141347

これを必要とするのかしないのか?
って議論は今更でもあるのですが、そうはいいつつもまだ議論されるので僕的な見解を記事にしてみます。

meta descriptionはSEOに効くのか?

かなり昔にメタ・ディスクリプションにしか記載してないキーワードで検索上位に表示された事があります。現在は知りません。あまり興味がないし、あったとしても僅かであることは間違いないからです。それよりもっと重要な事に目を向けて考えるべきだと思います。

じゃあ、メタ・ディスクリプションは書かなくていいのか?

「じゃあ、メタ・ディスクリプションは書かなくていいのか?」

これは検索表示されたキーワードによると考えます。

僕たちが検索結果のスニペットとして表示するのは、そのページにあるキーワードを含んだコンテンツか、meta descriptionタグのどちらかだ。

マット・カッツが語る「metaタグにどのくらい時間をかけるべきか?」

上記の通り、検索結果に表示される要約は指定したメタ・ディスクリプションかキーワードを含んだコンテンツです。検索ユーザーは無意識にしろタイトル下の要約をクリックの判断材料にする事は間違いないし、重視する点であります。

例え、キーワードで1位になっててもその下の要約が「あほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほ...」ってなってたらクリックしませんよね?

ブログの場合はメタ・ディスクリプションは不要

これは僕的な考えです。
ユーザーは多数のキーワードでページに訪れます。勿論こちらの意図したキーワードではない場合も多々あるわけです。

そういう場合は要約はページ内からGoogleに適切に表示して貰った方が検索ユーザーに関連あるページかどうかを優位に判断して貰えると思います。あえて、こちらから扉を狭くする必要はないかなと。

反対に、どんなキーワードで検索してきても同じ要約をあえて見せたい場合。そしてGoogleに固定したページ内容の意図を伝えたい場合は記載する価値があると思います。企業サイトなどは固定したメッセージがあるのでメタ・ディスクリプションを書いた方が効果的な場合というか書くメリットがあると思われます。

まとめ

要は、あえて見せたいかそうじゃないか?
って所だと思います。
SEO云々ではなくてページの「目的(ゴール)」で決めるべきだと。

 

300

300

-対策

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.