対策

売るのが苦手な人が出来ない2つのこと。

投稿日:

photo credit: Nick Kidd via photopin cc

「売りたい。売りたい。売りたい。売りたい。・・・」

商品にしろサービスにしろアフィリエイトにしろ
「売る」という事は最重要課題ですよね。

どうしたら売れるのか?
実は2つの事を理解できれば意外と売れるんです。

でもそれが出来ない。
わかっていても出来ない。

何故なんでしょう?
モノを売るのが苦手な人や会社は何が出来ないんでしょうか?

photo credit: Nick Kidd via photopin cc

スポンサーリンク

300

晒せない。

medium_140596381

photo credit: Barb Henry via photopin cc

ロングブレスを覚えていますでしょうか?
ダイエット本にも関わらず8万部超えの大ヒットを記録しました。

僕も本を買ったクチです。
売れた理由?
美木さんが結果を出していた?
数々の実績がテレビで放映されていた?
確かにそうだと思います。

でも、思えば不思議なんですよね。

だって、やり方最初から知ってた。

そう、テレビでもガンガン流れてYOUTUBEでも普通にある。本買った人はわかると思いますが特別な事はほとんどなく重要な点はテレビで見たままの事が載ってます。

少しは「買うんじゃなかった」とも思わなくもありませんが、「金返せ!」って事にはなりません。だって思ってた通りのモノだから。

人はとにかく失敗したくない。

お金を払う上で人が一番嫌うのは

失敗する事。

金額ではないんですよ。
間違いない。信頼できるとわかっていれば高くても人はお金を出します

なので、晒す
商品、サービスの内容はとことん晒す。

お試し、フリー版などなど。
情報でも99%晒す。

そうすれば

残りの1%の為に人はお金を出すのですよ。

それが出来ない。
なぜか?

勿体ないから。

ただで晒すなんて!

売ろうとする。

photo credit: woodleywonderworks via photopin cc

photo credit: woodleywonderworks via photopin cc

人は商売っ気に敏感です。
「売られている」と感じたら警戒心を持ちます。
信じなくなります。

売ろうとしてはダメです。

教えるのです。

「それはこうすれば出来るよ!」
「コレをこう使えばやりやすいよね。」

「・・・それで?」

向こうが扉を開けたら後は簡単です。
もう耳を傾けているのですから。

私たちが「教えたい情報」とお客様が「知りたい情報」というのは違うと考えて間違いありません。

私たちが「教えたい情報」はひとまず忘れて、お客様が「知りたい情報」を教える。

売るのではなく教える。

これ、商売で大事な考えだと思います。

それが出来ない。
なぜか?

売りたいから。

まとめ

商売はいつだって「北風と太陽」。
風を目いっぱい吹かすからお客様は必死に抵抗する。
温度を上げればいいだけなのに。

300

300

-対策

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.