対策

失敗しない!洗濯機のドラム式と縦型の違いは?~意外なデメリットとメリット

投稿日:

medium_5382453049

洗濯機が壊れましたので新しく購入しました。

今迄は「ドラム式」でしたが、今回は「縦型」に変更です。
時代はドラム式なのになぜ縦型にしたのか?その理由を書いてみたいと思います。

photo credit: gagilas

スポンサーリンク

300

洗濯機のドラム式と縦型の違いは?

ドラム式のメリット

衣類が絡まない

ドラム式は縦型に比べて衣類が絡みません。オシャレ着とかにもおすすめ。縦型は昔ほどではありませんがやはり絡みます。

乾燥が良いね!

ドラムは乾燥機能が優れています。
ふんわりと仕上げてくれます。洗いから乾燥まで任せるならドラム式の方がお勧めです。

節水が良い

どれくらい違うのかはどれを買うかによりますが、縦型に比べてドラムの方が節水が優れているので経済的です。

ドラム式のデメリット

値段が高い

ドラム式は縦型に比べて高いです。機種にもよりますが倍近く違ったりします。

大きい

ドラム式は大きいです。
防水版のサイズをよく確認して買いに行きましょう。

買ったら入らないとか笑えません。

掃除が面倒

pa_na_v1500l

photo:http://www.sentakuki.info/shop/old_model/atype1/

入れるところの周り縁の掃除が嫁さんに言わせると大変だそうです。僕にはわかりません。

では、なぜ縦型を選んだのか?

photo credit: W2 a-w-f-i-l

photo credit: W2 a-w-f-i-l

それは腰に優しい方を考えた

嫁は腰痛持ちなので横に出し入れがある「ドラム式」より立ったまま出し入れできる「縦型」の方が腰に良いと考えたわけです。

散々悩みました。
特に絡まる点が一番の悩みどころ。オシャレ着は洗いたい、しかし腰が痛い。

よし!縦型に決定。

ところが

 

doramu

そう、使ってみるとわかるのですがドラム式より縦型の方が

底の方の衣類を取る時に腰に負担が・・・

ドラムにすれば良かった。(嫁談)

まとめ

いくら想像しても使ってみないとわからない事ってありますよね。

というわけで全体的に見ても個人的にはドラム式の方がお勧めだと思います。

300

300

-対策

Copyright© みんなのニキビケア , 2017 All Rights Reserved.