\ 口コミでおすすめのニキビケア /

ニキビの化粧水専科

黄色いニキビが出来た時のニキビケア商品を使った治し方と発生する主な原因

ニキビには症状の進行具合によっていろいろな名前が付いているのですが、黄色ニキビはニキビの中でも最も重症のニキビです。

初期段階の白ニキビから酸化した状態の黒ニキビ、そして毛穴が炎症を起こした赤ニキビ、それが更に進行したのが黄色ニキビです。

ここでは、黄色ニキビにまで進行してしまう原因と、ニキビケア商品を使った正しいケアの方法をここでご紹介します。黄色ニキビをそれ以上悪化させないためにも、ぜひ参考にしてください。

黄色いニキビとは

炎症を起こした赤ニキビが、さらに進行した黄色ニキビは、炎症によって膿が発生した状態です。

炎症を起こした赤ニキビが改善されずに悪化すれば、毛穴に収まりきらない内容物が周囲の組織にまで溢れ出るようになります。そしてその部分には、膿を持つようになります。

赤ニキビの中心にポツンと黄色い点のように発生するのが黄色ニキビで、毛穴の中や、その周囲の炎症がどんどん進行していき、膿を持つニキビが黄色く見えてしまうのです。ですから黄色ニキビは、化膿ニキビとも呼ばれています。

ニキビの炎症がどんどん進行していくと、表皮の奥の真皮層にまで達します。そうなると、ニキビ跡が残ってしまう可能性も高くなります。長引けば、黄色いニキビは、毛穴とその周囲の細胞に激しい損傷を伴います

ですからニキビ跡が、デコボコのクレーター状の跡になり残ってしまったり、色素沈着が残る可能性も出てくる非常に危険な状態であると言えます。

黄色いニキビが治っても、このニキビ跡に悩む方がたくさんいます。このようなことにならないためにも、黄色ニキビになってしまったら正しいケアを行って早めに対処をすることが大切です。

黄色のニキビが出来る原因は・・

初期のニキビが炎症を起こすと赤くなります。

赤ニキビと言われるニキビもかなり進行しているのですが、さらに赤ニキビが進行すれば黄色のニキビとなります。毛穴に詰まった皮脂汚れなどに、アクネ菌が増殖をして炎症した状態のニキビが、さらに悪化して膿んでしまったのが黄色いニキビです。

なので、いきなり黄色のニキビが出来ることはなく、初期の白ニキビから黒ニキビ、赤ニキビの状態を経て黄色味を帯びたニキビとなます。

膿を持った黄色ニキビになる原因は、出来てしまったニキビをそのまま放置していたか、または間違った洗顔を続けていたり、脂っこい食事や甘いものを食べるなど、ニキビにとって良くない食事を続けていたためです。

また、ストレスを溜め込むことや乱れた生活習慣などによってもニキビの悪化を招きます。

きちんと早い段階で、正しいニキビケアができていれば膿を持った黄色のニキビにまで悪化してしまうことを防げるのです。

炎症がかなり酷く深刻な状態の場合には、自宅で治療するのは非常に難しいので皮膚科を受診するのがおすすめです。

炎症が酷くなるとどうしても外出するのも億劫になるものですが、だからと言ってまたそのまま放置してしまうとさらに重症化してクレーター状のニキビ跡が残ってしまうでしょう。

そうなれば、一生後悔することにもなりますから、ニキビの数が増えるようだったり、広がるようであれば速やかに皮膚科で診てもらうのがおすすめです。

しかし、そこまででもない黄色いニキビであれば適切なニキビケア商品を使うことで自宅でケアすることが出来ます。

黄ニキビを治す方法は?

炎症を予防する働きのあるグリチルレチン酸ジカリウム

すでに出来てしまった黄色いニキビを、出来るだけスムーズに、クレーター状のニキビ跡にならないように、色素沈着を起こさないようにケアするためには、炎症を予防するための有効成分が配合されたニキビケア商品を使うことです。

炎症を予防する働きのある成分でおすすめなのはグリチルレチン酸ジカリウムです。

このグリチルレチン酸ジカリウムが配合された、洗顔料や化粧水がニキビケア化粧品を選ぶようにしましょう。

同じく炎症を予防する働きのある成分には、サリチル酸という有効成分もあります。こちらは殺菌作用もある成分で、人によっては刺激が強く感じることもあるので、敏感肌の方などが使う場合は注意しましょう

普通肌の方でも肌の乾燥を招く成分なので、ニキビケア商品にもたくさん使用されている有効成分ですが、乾燥しやすい方は控えた方がよいかもしれません。

黄色ニキビができたら洗顔をする際には、とにかく肌に負担をかけないように、やさしい洗顔を心がけることが大切です。

脱脂力が強いものは選ばなようにして、肌を包み込むようにして洗顔をすることが黄色いニキビケアの基本となります。

こすらない「クレイ(泥)」洗顔がおすすめ

洗顔料はクレイ(泥)タイプがおすすめです。

あまり知られていないのですが実は泡タイプの洗顔料はどれだけきめ細かく泡立てても肌に浸透することは不可能で、さらに含まれる発泡剤が肌の状態をさらに悪化させる可能性があります。

クレイ=泥の粒子で洗う洗顔料は粒子がとても細かいので、泡立てネットを利用しなくてももちもちの泡ができます。肌に優しく洗顔できると同時に、配合されたクレイが毛穴の奥の汚れをしっかり吸着して洗い流してくれます。

洗顔後の保湿ケアも黄色ニキビをケアする際にはとても重要です。

洗顔後には化粧水や乳液などの基礎化粧品を使いますが、ここでおすすめなのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、肌環境を整えて健康な肌へ近づけてくれる成分です。

メラニン生成を抑制してくれる働きも期待できます。ビタミンC誘導体が配合されたローションや乳液などで、洗顔後の肌にたっぷりのうるおいを与えてあげましょう。

\ これ、良かったよ! /

大人ニキビを改善した先輩がオススメする「使って本当に良かったニキビケア」を紹介

先輩が選んだニキビケアはコレ!

執筆者: kansyuu

Copyright© ニキビの化粧水専科 , 2019 All Rights Reserved.